アイスコーヒーに最適な豆の選び方

アイスにしても深みのある味わいと芳醇な香りを楽しめる豆とは?
注文してから焙煎しているものを選ぶこと【香り】
アイスコーヒーにすると珈琲の香りが楽しめないと感じる方も多いと思います。珈琲の香りを引き立たせるためには、焙煎した後に豆が酸化するのを防ぐことが大事。焙煎した後は時とともに香りはどんどん消えていくので、注文してから焙煎しているかを確認するのは必須です。
豆の品質と鮮度が良いものを選ぶこと【味わい】
まずはグレードの高いスペシャルティコーヒーを採用しているかどうかがポイントです。また、カッピングが丁寧に行われているか?収穫されてから1年以内の新鮮な豆を使用しているものを選びましょう。品質が良く、鮮度が高ければ高いほど、深いコクがあるのに、雑味のないクリアな味わいを楽しむことができます。
焙煎技術が優れているものを選ぶこと【味わい・香り】
アイスコーヒーにすると、味と香りが薄まってしまうので、濃いめに抽出する必要があるわけですが、濃く抽出すればするほど、雑味や渋みが目立ってしまいます。それを防ぐために必要なのが高度な焙煎技術です。豆の状態や気候に合わせて適切な焙煎を行えるかどうかが、雑味や渋みの内クリアな味わいを引き出すためのポイントとなります。

アイスコーヒー豆おすすめランキング

珈琲キャロット
国際認定資格を有するコーヒー鑑定士が厳選した最高品質の豆を丁寧にカッピングし、世界で最高水準の焙煎機を使用し、高度な焙煎技術を駆使して焙煎された豆を販売しています。注文後に焙煎しているのはもちろんですが、収穫後一年以内の豆を使用するなど鮮度にもとことんこだわっています。アイスコーヒーにしても味わいや香りが衰えることは一切ありません。
注文後に焙煎:◎ 豆の品質と鮮度:◎ 焙煎技術:◎
土居珈琲
熟練の焙煎士がこだわり抜いて厳選した品質の良い豆を使用しています。注文を受けてから丁寧に焙煎しているので、豆の鮮度はかなり高いといえます。もちろん、カッピングもしっかりと手作業で行っているので、クリアな味わいを楽しむことができます。
注文後に焙煎:◎ 豆の品質と鮮度:○ 焙煎技術:○
代官山珈琲
直火で長時間かける焙煎技術により豆を深入りすることで、深みのある味わいを実現しています。深入りで焙煎することで、冷めても酸味が出にくくなっており、アイスコーヒー用として楽しめるところが魅力。ただし、注文してから焙煎しているかどうかは不明のため、鮮度に関してはやや不安なところも。
注文後に焙煎:○ 豆の品質と鮮度:○ 焙煎技術:○

アイスコーヒー豆おすすめ通販専門店はこちら!

アイスコーヒーにしても美味しいのは「珈琲キャロット」です!
豆の鮮度にとことんこだわっている
注文してから焙煎するのはもちろんですが、空気が亜入りにくい特殊なパッケージを使用するなど、焙煎後の鮮度を保つ工夫をとことん追求しています。鮮度にこだわっているので、アイスコーヒーにしても豊かな香りを楽しむことができます。
コーヒー鑑定士が最高品質の豆を選定
国際認定資格を有するコーヒー鑑定士の厳しい選定によって選び抜かれた最高品質の豆だけを取り扱っています。しかも、収穫後から1年以内の新鮮な豆を使用しているので、クリアな味わいを楽しむことができます。
世界唯一の最新焙煎機と高度な焙煎技術
熱量測定システムを世界で唯一搭載した最新の焙煎機を使用し、豆の状態と気候に合わせた抜群の焙煎技術を駆使することによって、深い味わいと芳醇な香りをアイスコーヒーでも実現しています。

高品質な豆を最高の技術で焙煎し、鮮度を保った状態で届けてくれるのは「珈琲キャロット」だけ!